とっておきの海外旅行 各地のベストシーズン・必須アイテム・おすすめスポットをご紹介☆

【旅行用の衣類】「着回し上手」になるのが手っ取り早い解決策

とっておきの海外旅行 各地のベストシーズン・必須アイテム・おすすめスポットをご紹介☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


旅行に持っていく荷物の中で、もっともかさばるのが衣類。
同じ場所に何日も滞在するのであれば、下着類は洗濯すればわずかな枚数でもOKかもしれません。
洋服の場合は「着回し上手」になるのが手っ取り早い解決策。特に女性はアクセサリーやスカーフなどの小物類をうまく取り入れるだけで、同じ洋服でもイメージチェンジが楽しめます。
また、大判のスカーフは冷房などがききすぎた場所で羽織ったり、ひざ掛けにしたり冷え対策にも効果的。スカーフ1枚あるだけで重宝します。

同じく冷え防止の点で役立つストッキング類。こちらは日本の製品の方が肌ざわりもよく丈夫なので、伝線した場合もふまえて多めに持っていきましょう。

さらに、服の色調もコーディネートしやすい色を2、3種類選ぶと便利。トップスとボトムスのコーディネートによって、バリエーション豊かになります。ちなみにトップスは素材を変えて、ボトムスより何枚か多めに持っていくとよいでしょう。
素材としてはアイロンがけが必要な麻やコットンなどしわになりやすいものは避けた方がよいかもしれません。ワンピースも1着あると何かと役立ちます。

カジュアルな場所だけの訪問ならジーンズスタイルでという人も多いでしょうが、できるだけチノパンのようにオン・オフとTPOに合わせて使えるズボンを1本入れておくと安心です。

カーディガンやジャケットなども気温差がある場所への移動を考えると必須アイテム。
冬場、寒い地方に出かける場合は、防寒対策を万全にしておきましょう。手袋、帽子、マフラーはもちろん、携帯用の使い捨てカイロも衣服に貼るタイプは助かります。

海外の衣類は高級ブランド品は別として、一般的に日本のものと比べて作りが雑であったり、素材もゴワゴワであったり品質の悪いものが目立ちます。ヨーロッパやアメリカなどは衣類の価格もそれほど安くないので、「足りなければ現地で買おう」という考えは初めから持たない方がよいでしょう。

おすすめ記事

RECOMEND

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright (C)2017とっておきの海外旅行 各地のベストシーズン・必須アイテム・おすすめスポットをご紹介☆.All rights reserved.